アフィリエイト留学のホームページ
@with SOHO人気ブログランキングへ
白石まりえ アフィリエイトビギナーズスクール
一人1台パソコン完備の少人数制スクールですから、現在お勤め中の方、専業主婦の方、子育て中の方など、ちょっとした時間を使って副収入を得たい方にも安心して学べる。
アフィリエイトとは
その仕組みはシンプル。
海外ではすでに一億円プレーヤーまでおります。
歴史的にはAmazon.comが最初に導入。
英国ワーキングクラス直伝「成功」のルール
  石原由美子

アメリカ式の成功で本当に幸せになれますか!?
会社を辞めずに起業する! 週末起業
藤井孝一

会社を辞めずに起業ができるのです。 税金対策も。

2005年06月28日

アフィリエイトという世界を海に例えると大航海

「アフィリエイトという世界を海に例えると大航海」

と題してまして少々お話させていただきます。

人気のランキング


妙なタイトルでありますが、このアフィリエイトという世界を海に例えることができるのであります。

海というとすごい大きいですね。

私達のアフィリエイト生活、アフィリエイト人生はその大きな大きな海の上に“ポツリ”と浮かぶ小さな小さな船のように思えるのです。

大きな海にたくさんのアフィリエイターの小さい船が浮かんでます。

海からしたら船は小さいのであります。

アフィリエイト船にもいろいろな船があります。

最新の設備を備えた豪華客船あれば、カヌー、ボートような、一人が乗ってやっとという船もあります。

本当様々な船が大海原に浮かんでます。

それぞれの船の行き着く先は・・・と考えます。

目的地は船長さんそれぞれが決めてます。

さぁ、それぞれの船はいったいどこへ行くのでしょうか。

それは、船の船長さん(アフィリエイターさん)しか分かりません。

それぞれの船は、大航海に出ているのです。

それぞれの目標、目的を持ちこの先どうなるか分からない大航海にでたのです。

行き着く先には、大きな大きな波もあれば、敵の船もたくさんあります。

攻撃をしてくる船もあれば、飢饉疫病、自然災害などなど危険がたくさんあります。

船長さんたちは、先が見えない大海原に憧れをいだき、自分で自分の船を動かしてみようと、魅力を感じ、又“己がどこまでできるのか!?”という自身に挑戦という意味を含め、それぞれの目標・目的・などを持ち、航路を決め出港したのでした。

出港するのは出来ますが、飢饉疫病、自然災害などなど危険がたくさんある海上でございますから、目的地に到着するまでは苦労が耐えません。

「大きな波が来たときにはどう対応するのか!?」

「向かっている方向はこれでいいのであろうか!?」

「今日は天気が良かったが、明日は台風が来るから海が荒れるのではないか!?」

などなど船長さんたちの悩みは尽きません。

大きな豪華客船を乗っている船長さんたちさえも悩みは尽きません。

ボートのような小さい船で出港した、船長さんたちは横から、後ろからと海上で大きな軍艦のような船が通りすぎるだけでヒックリ返されるという不安感もあります。

しかし、何が起こるかわからないのが、大海原であります。

あの有名な映画のタイタニックでは、「絶対に沈むことが無い」と言われたいた豪華客船が、船内スタッフの懈怠、怠慢により多くの人の命を奪ってしまったのであります。

本当 海上というのは危険がいっぱいですね。

大きな船も、小さな船も出港は出来るのです。

大きな船だからといっても必ず目的地に到着するとう安心や保証もありません。

かと言っても、小さい船だから目的地に到着できないということもありません。

では船が目的地に到着するには何が大事なのでしょうか?

勘鋭い人はもう分かりましたよね。

そうです。

船には羅針盤というのがあるのです。

羅針盤が無ければ到着地・目的地すら分かりません。

あなたのアフィリエイトの目的地、到着地はなんですか?

中には羅針盤が無く航海に出てしまっている船もあり、大海原を彷徨い続けている船もあります。

この羅針盤が大事です。

大きな大航海ですから、なおさら羅針盤が大事であると思うのであります。

最初は小さい船かもしれませんが、やがて目的に到着し、あなたが到着した港があり、港の住民から評価を受け、歓迎され、大きな船に乗り換えて、再び大航海へ出る船長もおります。

一度出港して、すぐに港へ戻ってくる船もあります。

または、なかなか大航海に踏み切れず、歯痒い人もおります。

大航海に出港して、大きな船ではあったが、不運にも自然災害に遭遇し沈んだ船もあります。

それだけ羅針盤が大事なのです。


たとえ環境に恵まれず、微力な小さな船であったとしても、その中で夢や目標を持ち、計画を立て、実践をし、夢中になり、あるときは波に襲われ、またある時は傷つきながらも、自分で自分の船の羅針盤を強くしていくという啓発が求められるのであると思うのであります。 

また、そのように海上生活、大航海生活ができるように自他共に互いに到着成就なさしめたまえ。

としましたお話を終えさせていただきます。

熱い熱い夏でありますが、お体にご慈愛いただき暑い暑い夏を乗り切りましょう。


アフィリエイトについて
知りたい人はこちら


大航海に出ている人がたくさん
人気ブログランキングはここ





























この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
@with SOHO人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。